無印良品を取り入れてオシャレに暮らしている参考例

無印良品にかこまれて暮らす参考例

シンプルな家具が好きな人は誰しも「家具をぜんぶ無印良品でそろえて暮らしてみたい!」と一度は思ったことがあるんではないでしょうか?

すでに使っている家具があると、なかなか全てを無印良品で揃えるのは難しいけど、ちょっと憧れますよね。カタログや店内で想像はできるけど、実際生活の中で使っている感じもみてみたい!

そこで、実際に無印良品で暮らしている方々の暮らしを覗いてみましょう。

三鷹の家大使のおうち

スクリーンショット

画像出典:三鷹の家大使の住まいレポート『ぜんぶ、無印良品で暮らしています。』 | 無印良品の家

まず、無印良品で暮らしていると言ったら、「三鷹の家大使」のおふたりのおうち。「無印良品の家」に実際2年間無料で住めるという応募企画で当選し、企画の2年間は終了した今も無印良品の家に住んでいるご夫婦とお子様の3人家族。

家まで無印良品だし、住み始める時に無印良品のアドバイザーさんと家具を相談して決めているからピッタリ合っているのはもちろんなんですが、なによりご夫婦がいろんな商品を暮らしにしっかり取り入れているのが素敵。

ブログのなかにいろんな商品が登場しますが、ほんとうに無印良品を愛して使っているのが伝わってきます。

無印とUR団地コラボのリノベーション物件に住む方たち

スクリーンショット

画像出典:MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト 入居者インタビュー

無印良品がリノベーションを手がけたUR団地に実際に住んでいる方たちの暮らしを紹介するインタビュー記事です。現在は12記事公開されています。

こちらでインタビューされている人たちは、一般の方なので全ての家具が無印良品の商品ではないのが逆にポイント。無印良品の空間と家具、そして別のメーカーの家具が融合した本当にリアルな暮らしです。

紹介されている方たちの暮らしが伺える写真は、すごくリアル。一人暮らしの方も夫婦もいて、収納や家具の使い方など参考になりそうなアイデアがたくさん見て取れます。

住まい企画第2弾「団地のシェアルームに無印良品で暮らす」

スクリーンショット

画像出典:団地のシェアルームに暮らす男3人の住まいレポート | 無印良品の家

こちらは三鷹の家大使と同じく、無印良品の企画で1年間団地のシェアルームに無料で住んでいたおうちの記録。三鷹の家も、団地のシェアルームも企画の期間は終了していますが、どんな暮らしをしていたのかは見ることが出来ます。

サイトに掲載されている写真を見るとわかりますが、団地と言われなければ気付かない素敵な空間ができています。